どこの塾にする?失敗しない選び方とは

>

塾に行くことを無駄にしないために

注目するは塾の規模

​塾の規模によって、どんな勉強の対策をメインとしているかの特徴が違ってきます。
大規模、すなわち大手の塾ですと、有名校への受験対策が主であり、そのデータや合格者を出すためのノウハウが豊富です。
指導力のある講師が揃っており、レベル別のクラス分けがあるならば、自分の力に見合ったクラスで勉強できます。
小規模の場合、受験というよりは学校の授業の復習や定期テストの対策を行うことが多いようです。
少人数である傾向が高いので、先生と生徒の距離は近く、一人一人とのコミュニケーションと丁寧な指導が可能です。
進学校への受験なのか、学校の定期テスト対策なのか、塾に通う目的を明確にして自分に一番合うところを選びましょう。

自分に合った授業形式

​授業形式は集団指導と個別指導があります。
これは塾に通う目的に合致するかというよりは、自分の性格に合った方を選択すると良いでしょう。
集団指導は、周りの生徒と一緒に切磋琢磨して勉強することができます。
受験までのカリキュラムが決められているので、ペースに付いて行くことができれば、受験対策はバッチリです。
しかし授業に遅れをとってしまったり、質問ができずにわからないままにしてしまうと、続けていくことは難しいです。
個別指導はわからないことはすぐに質問でき、自分のペースで進めていくことができるので、部活動との両立もできるでしょう。
しかしその分競争する友達がいないこともあり、のんびりし過ぎてしまうというデメリットもあります。


この記事をシェアする