失敗しない塾の選び方

どこの塾にする?失敗しない選び方とは

塾に行くことを無駄にしないために

大規模な塾と小規模な塾、集団指導と個別指導。 様々なタイプの塾がありますが、みなさんはどのタイプをどのように選んでいますか? 実は、規模によって勉強の方針が異なったり、授業形式によって勉強の進め方が違ったりするようなのです。 費用や家からの距離も大事ですが、塾に通う目的に沿った塾選びが重要です。

信用できる情報収集

塾を選ぶには、十分な情報収集をしてから、比較する必要がありますね。 では、どのような情報収集の方法があるでしょうか。 また、どこからの情報ならば信用しますか? 信用できる情報ならば、それが塾を選ぶ決め手となりそうですね。 様々な情報源をご紹介しています。

一番塾に求めるものは?

みなさんは、何を一番塾に求めますか? 指導方針、費用、講師との相性、家からの距離、といろいろあると思います。 親子で一度書き出してみて、優先順位を決めておくと塾を選びやすくなるかもしれません。 世間一般には、何が一番重要視されているか見てみましょう。

目的に沿った規模と授業形式

​ひと昔前と比べて、学歴重視の社会ではなくなったとはいえ、やはり多くの企業はそこを見て採用しますし、一種のステータスとして判断される風潮は未だにあります。
そういった周りからの評価のために有名大学に入ることも良いと思いますが、やはり自分の可能性を広げるために勉強しておくことは大事だと思うのです。
多くの親御さんも同じように考えて、どうにか我が子を勉強させようとします。
その選択肢の一つとして塾がありますが、どこの塾を選べば良いか悩みますよね。

私も塾を二つ経験したことがあります。
中学生で通った塾は、習熟度別にクラスが分けられており、自分に合ったレベルで学習できたのでピッタリでした。
さらに一クラスが少人数で構成されていたため、講師へ質問できる機会が多くあり、わからないままそのままにすることがなく、成績を上げることができました。
高校生のとき利用した塾は大手の塾で、授業を行う講師はおらず、その代わりにDVDを見て自分で進めていくという勉強方法でした。
怠け者の私は、勉強のペースが非常に遅くなり、学習中は誰にも監視されていないという緊張感のない環境で、DVDの画面を前に寝てしまうこともしばしばありました。
当然塾に行った効果は出ず、短期間でやめる結果となり、単に有名だということだけで選ばず、自分の性格に合った塾に行くべきだと痛感した覚えがあります。

みなさんには、私のように塾選びに失敗してほしくありません。
今回、失敗しない塾の選び方について述べましたので、参考にしてみてください。

おすすめリンク

富士学院の合格実績の評判

医学部を目指している学生さんにおすすめ!富士学院の評判や合格実績をチェックしてみましょう。